忍者ブログ
ファゴット奏者磯崎早苗のブログです。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桶部のファゴットレッスンvol.2

おとといに引き続き、レッスン。柔軟体操と呼吸練習から初めて、今日も指と息の確認。ファゴットは音域の広い楽器なので、その音に合った息の流れが必要です。自分が高校生の時に悩んで試行錯誤して得たイメージの持ち方や、実質的な息のスピードと量とアンブッシュアの広さなどをやりました。

あと残り2回ですが、来月のレッスンまでにどれだけうまくなってくれるかとても楽しみです

拍手[0回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

ファゴットの音色
私は、ファゴットの音色が大好きです。
ヴィヴァルディのファゴット協奏曲(全37曲)のCDももっていて、ときどき聴きます。とくに、トルコビッチのホ短調(RV484)は大好き。
しかし、若い女の子が三穴のファゴットで、この曲を実際に演奏したとは、何ともものすごいことと思います。

あなたも、どうぞがんばってください。
2008.07.01  05:56  Posted by rik | Edit
>rikさま
はじめまして!コメントありがとうございます!ヴィヴァルディもいいですよね!たまに吹きたくなります。古楽器であのぱっセージをどうやって吹いていたのか・・すごいですよね。
2008.07.04  02:02  Posted by さな | Edit
TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 75 | 74 |
プロフィール
磯崎早苗 ファゴット
埼玉県出身。13歳よりファゴットを始める。 東京芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。 桐朋オーケストラ•アカデミー修了。
2007年日本ヴィラ=ロボス協会主催ヴィラ=ロボス生誕120周年記念コンサートにソリストとして出演。2008年オーケストラアンサンブル湘南とモーツァルトの協奏交響曲を共演。2009年桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。 2015年日暮里サニーホールにおいてソロ・リサイタルを開催。
これまでに、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団に客演。
これまでにファゴットを塚原里江、岡崎耕治、水谷上総の各氏に師事。桐朋オーケストラ・アカデミーにて岡本正之、河村幹子、井上俊次の各氏に師事。室内楽を山岸博、三界秀実、佐久間由美子、水谷上総、渡邊健二の各氏に師事。
現在、フリーランスのファゴット奏者としてオーケストラ、室内楽、吹奏楽指導など多岐に渡り活動中。洗足ニューフィルハーモニック管弦楽団団員。洗足学園大学演奏補助要員。Ensemble Joyeuxメンバー。
Concert Information
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
最新コメント
[11/01 sanafg]
[11/01 masato kusumi]
[12/08 老哲]
[12/07 さな]
[12/07 老哲]
最新トラックバック
カウンター
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny