忍者ブログ
ファゴット奏者磯崎早苗のブログです。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オケアカ/特別演奏会《ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の メンバーを迎えて》
 こんばんは!先ほど埼玉に帰ってきました埼玉は暑い。。

今期最後のオケアカの演奏会は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン・コンサートマスターのスタブラフさん、ヴィオラのクノルツァーさん、チェロのリニカーさん、フルートのブラウさん、ホルンのイェジェルスキーさんの五人をオーケストラの中に入って頂き、ベートーヴェンのレオノーレ序曲、交響曲第五番「運命」、交響曲第三番「英雄」を富山・オーバードホールにて演奏してきました!

リハーサルは四日間、ブラウさんの音はオケアカの響きすぎる練習ホールでもめちゃくちゃいい音でなんの抵抗感もなく、客席までスコーンと通ってくる音でした。とにかく凄かった。。
そしてファゴットにも岡本先生が客演して下さり、英雄を隣で吹かせて頂きました。先生も本当いい音で。。素晴らしかったです

本番が終わった次の日からマスタークラスを二日間。
ブラウさんのマスタークラスを聴講していたら、「誰かオーボエとかクラリネットでモーツァルト吹けますか?」と先生の提案が。
まずはモーツァルトのフルート協奏曲D-Durの元の曲であるオーボエ協奏曲C-DurをMちゃんが演奏し、次にクラリネット協奏曲をRちゃんが演奏し。良昭先生に冗談でファゴットは??と聞いたらなんと吹かせて頂けました

各木管楽器のモーツァルトの協奏曲の違いはもとより共通点も見つけることができました。とても面白かった・・!!




マスタークラスの間は自分も練習、、、、そして昨日23日には富山市役所でロビーコンサートを木管五重奏で出演させて頂き、今日は井上俊次先生のレッスンでした!

これまた、今まで自分で発見できなかったフレーズと息の使い方がやっと見つかった・・!!という感触で、、本当に充実した10日間でした!

明日は東京文化で幻想交響曲の本番です。。早く寝よう。。

拍手[1回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 248 | 247 | 246 | 245 | 240 | 239 | 238 | 237 | 236 | 234 | 233 |
プロフィール
磯崎早苗 ファゴット
埼玉県出身。13歳よりファゴットを始める。 東京芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。 桐朋オーケストラ•アカデミー修了。
2007年日本ヴィラ=ロボス協会主催ヴィラ=ロボス生誕120周年記念コンサートにソリストとして出演。2008年オーケストラアンサンブル湘南とモーツァルトの協奏交響曲を共演。2009年桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。 2015年日暮里サニーホールにおいてソロ・リサイタルを開催。
これまでに、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団に客演。
これまでにファゴットを塚原里江、岡崎耕治、水谷上総の各氏に師事。桐朋オーケストラ・アカデミーにて岡本正之、河村幹子、井上俊次の各氏に師事。室内楽を山岸博、三界秀実、佐久間由美子、水谷上総、渡邊健二の各氏に師事。
現在、フリーランスのファゴット奏者としてオーケストラ、室内楽、吹奏楽指導など多岐に渡り活動中。洗足ニューフィルハーモニック管弦楽団団員。洗足学園大学演奏補助要員。Ensemble Joyeuxメンバー。
Concert Information
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
最新コメント
[11/01 sanafg]
[11/01 masato kusumi]
[12/08 老哲]
[12/07 さな]
[12/07 老哲]
最新トラックバック
カウンター
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny