忍者ブログ
ファゴット奏者磯崎早苗のブログです。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

がんばってこー
今日、美容院で私のiPhoneを見たスタイリスト・ちろるに「そんなに(起動の)遅いiPhone見たの初めて」と言われたので、復元&同期を始めてしまいました。Musicの同期が終わらず寝れません。

四月に入りましたね! 

関東ではだいぶ余震も落ち着いて来て、計画停電も必ず毎日行われるわけでもなく、街行く人々も増えてきて、お店もほぼ平常通りになってきました。 

今日行った美容院はかれこれ5年は通っているんですが、お店のお休みの22日と29日に、新都心近くにある同系列の美容院にて、スーパーアリーナに避難していた双葉町の方々にシャンプー&ブローのボランティアをされたようです。二日間で165人の方々がいらしたようです。 

店長のちろるはふざけた名前で見た目もチャラいけど、髪を切りに行くといろいろ話を聞いてくれて、音楽のことは分からないと言うけど的を得たアドバイスをしてくれたりして、いつも行くと元気になります。きっと、双葉町の人たちもシャンプー&ブローで気持ちよくなって元気になってくれたに違いない!!と思いますわーい(嬉しい顔) 

復興支援がどんどん進んでいて、様々な人が何かやろう!と頑張っていて、感動します。 

自分も頑張ります!みんな頑張ろう!

拍手[0回]

PR
思うこと。
家にずっといると、なんか異様に時間がありすぎて、いろいろ考えますね

私は結局のところ、仕事人間なんだな、ってものすごく思います。

前々回の日記にも書きましたが、とにかく今、音楽業界は大打撃を受けています。

あるチェロ奏者の方がこんなツイートをしていました。
(実名で、そして鍵もかかっていないのでツイートは公開だし、フォローできると思います)

『僕の同業の音楽家の皆様。しばらくの間、確実に仕事は減り続けると思う。覚悟を決めましょう。覚悟とはマジに練習することです。』

もうこれ見た瞬間に、勝手にこの方を尊敬しました。100人以上の音楽家からリツイートされています。

こういう状況で、娯楽である音楽が不謹慎だ自粛だどうのこうのいう問題で頭を抱えるより、とにかく毎日家にいてジッとしていないといけないこの辛さ。

音楽を仕事にしている人ももちろんですが、音楽以外のお仕事をしていて、今仕事がある人たちがほんとーーーーーーーーーーーーーーーにうらやましいです。

もちろん、毎日、こんなに計画停電なんやらで不安や実際大変なことがあるだろうけど、仕事に行けて、自分の仕事があることが、本当にうらやましい。

とにかく、被災地への支援を忘れずに、もちろん、節電もして、元気な地域にいる人たちは働いて、日本経済を支えなければなんですよね!!

だから、仕事がある人は頑張ろう!

原発や余震など状況が落ち着いて来たら、チャリティーコンサートどんどんやろう!

そんなわけで、とうとうリサイタルの計画までたてはじめました。いつになるか分からないけど、今何にもできないのがものすごく悔しいから。とにかくソロ曲めっちゃさらってます。でも練習。それが本来の音楽家ですよね。なんだか仕事してないと罪悪感に苛まれるので、そう思うことにします(笑)

4月からはまた富山のオーケストラアカデミーが始まります。

今年度は、一ヶ月に一回しか演奏会がないので、すごく残念です。
この際だから、ずっと富山にいたい気持ちも山々なのですが、こんな状況で頂ける仕事を本当に大事にしたくて、断れず、来月は埼玉と富山を3往復します。頑張ります。

拍手[0回]

原発・福島
地震から七日が経ちました。計画停電は引き続き、今日は昼間の13時からの開始でした。


福島県の原子力発電所では、今、東京電力の人たちが懸命に作業してくれています。

ここで、藝大の先輩で福島県出身のクラリネットの方の日記の一部をご紹介します。
皆さん、読んで下さい。そして知って下さい。

*******************

最後に、今まさに地元で頑張っていらっしゃる、とある方の文章をご紹介いたします。 
ご一読いただけたら幸いです。 
また、拡散いただいてもかまいません。 
よろしくお願いいたします。 

個人的には、「福島に感謝しろ」とか「福島はリスクを負わされた」とかいうことは、全く思っておりません。 
僕の最大の懸念、読んでいただきたいのは以下の文章の後半、イメージや風評のことです。 



(以下転用) 

東京電力福島第一・第二原子力発電所。福島県の浜通りに位置しています。 

東北電力ではないことに注目してください。 

福島県の浜通りには東京電力の発電所がこのほかに「広野火力発電所」があります。この地域で発電された電気は、全て関東へ運ばれ、首都圏の方々が利用します。 
一切地元ではこの発電所で作られた電気は利用されていません。首都圏の電気の3分の1は福島県で作られている現実をもっと報道してください。 

計画停電が首都圏で実施されていて、文句を言っていたり「被災地に電気を送るためだから我慢します」と言っているインタビューを良く見受けますが、何見当違いの事を言っているのですか? 

東京電力が計画停電を行っているのは、首都圏の消費電力より供給電力が下回りそうだから突然停電を避けるために予め時間と区域を決めて停電を行っているのです。 
首都圏で節電してこちらに電気が送られるなら、何故東北電力まで計画停電を行わなければならないのでしょう? 

自分のところの電気が足りなくなっているから自分らが我慢しているだけ、なんです。 

この重要な2点をマスコミは何故報道しないのですか? 
首都圏の人のために建設された発電所のために地元がこれだけ苦しんでいる現実を、何故広めようとしないのですか? 

しかし、冷静になって考えてみると、地元にも雇用や補助金で還元されてきた面はあり、その点は感謝します。 
でも、マスコミは「福島は危険」「放射線は身体に悪影響」しか報道されていない節があります。 
後付で「このレベルでは身体に害はありません」と言うだけ。パニックを抑えるなら言う順序が逆では? 
「放射線の数値が通常より若干高い値を示していますが、体に影響のある数値ではありません。各地の数値は~」と言うのが報道の仕事ではないのでしょうか? 

はじめに断っておきます。 
首都圏の方々を敵視しているわけでも、悪いと糾弾するつもりも毛頭ありません。 
でも、あまりにも酷すぎる。 

首都圏で「放射線が怖いからカッパを買いました」「マスクを買いました」「とろろ昆布を買いだめしました」と言っている方がTVに映っていました。 
放射線が怖い?何キロ離れてるの?じゃぁ私達福島県民はどうしたらいいの?あなたがたが今まで40年利用してきた電気を作っていた発電所を作ったために 
こういったことが起こったって事はご存知なんですか? 
いつでも逃げられるようにガソリンを買いだめ? 
私達福島県民は逃げたくても逃げられないんです。首都圏の方々のせいとは言いませんが、ガソリンがないため逃げられないんです。 
もっと言えば、ガソリンや軽油がないので救急車もバスも、救援物資を運んだトラックも動かない。灯油がないから暖もとれない。 
仮に救援物資を運んだトラックが近くまできても「放射線が~」で引き返している現状です。 
それが現状です。 

現在観測されている放射線数値は人体に全く問題のない数値です。 
X線やレントゲン、温泉の方がよっぽど高い数値を示しています。 

仮にこのまま何もなかった、普通の生活に戻った、としましょう。 
今度は風評被害が間違いなく起こります。 

福島県出身です。っていうだけで「放射線は大丈夫?」って思わないでください。 
福島県出身の女の子だからって、子供を生む時は大丈夫なの?って思わないでください。 
福島県産の野菜はとても美味しいです。 
福島県産の果物もとても美味しいです。 
福島県産のお米もとても美味しいです。 
お肉も、魚も、みんなが頑張って作ったりとったりしたものです。 

でも、福島県産、ってだけで毛嫌いしないでください。 

他の自治体や国はしっかりこの点も含めて被災地の復興をバックアップしていただきたいと思います。 
復興には人の力がどうしても必要です。一日でも早く復興するためには皆さんの力が必要なんです。 
物資の援助もお願いしたいですが、このことも是非頭に入れておいてください。お願いします。 

拍手[1回]

地震発生6日目
 こんばんは。地震発生から6日が経ちました。

まずは、前回前々回の記事で少し感情的になってしまったことをお詫び致します。

しかしながら、都知事のこの発言は決して許すことはできないと思います。この都知事の一連の発言は、なぜかテレビでは続いて報道されませんでしたが、インターネットでの様々な世論を見ていると、この発言を擁護するような考えもありました。

そういう世論の中には、マスコミの報道の仕方に躍らされているなどの意見もあったりしますが、そんな問題ではないのです。

とにかく、国を代表する都市である東京都の、まさにその代表が、天災を天罰だなんて。

今、被災地の人たちにはその発言のニュースは届いていないのかもしれませんが、それを知ったらどう思うでしょうか。

確かに、地震が起きて数日、スーパーから食品がなくなるほどの買い占めが起きています。でも、食料をめぐる暴動もないし、実際、地震発生直後の関東・首都圏ではほとんどの電車が動かなくなり、多くの人たちが帰宅難民になっても、みんな我慢して助け合いました。

私は、決して日本人は我欲なんかにまみれていないと思います。地震、津波、福島の原発。史上最大の危機と言われるこの状況を、乗り切っていけると思います。

今日の池上彰さんのよく分かるニュースでは、世界各国114もの国々からの支援が届いてるとありました。本当に涙が出てきます。

時間はかかるけど、必ず日本は復興します。





さて、この数日間で仕事はすべてなくなりました。数々のコンサートホールでの演奏会も、続々と中止になっています。ミューザ川崎のホールでは、天井が破損し、三月いっぱいはコンサートができない状況になっています。

昨日今日は、わたしの住んでいるさいたま市では計画停電が行われました。昨日はきっちり二時間、今日は二時間半ほどの時間でした。

そして、たくさんの人たちが自分に今できることを模索しています。

私は、とにかく、募金、節電をして、自分の今必要なものだけを持ち、自分にできることができるその日まで、待ちたいと思います。

一部の音楽家は、自分にできることは演奏だと、チャリティー演奏の機会を探っています。

でも、私は、食料買い占めや燃料不足、原発の影響による日々の生活で計画停電、交通機関もまだ落ち着かない中では、そのような時期はまだまだ先だと思っています。

地震発生から、仕事がキャンセルになり、何もできなくて悶々とする気持ちも分かります。
でも、まだその時じゃないと思うだけです。

被災地の行方不明者もまだまだたくさんいます。必ず、復興するその時には、音楽の力で日本に貢献していきたいと思います。

拍手[1回]

当然です。
石原都知事、「天罰」発言を撤回し謝罪
2011/3/15 12:41

東京都の石原慎太郎知事は15日に記者会見し、東日本巨大地震に関して「津波をうまく利用して(日本人の)我欲を一回洗い落とす必要がある。これはやっぱり天罰だと思う」と述べた14日の発言について、「言葉が足らずに被災者の皆様、国民、都民を深く傷つけたことをおわびし、発言を撤回する」と述べた。「かつてない困難にある被災者の失意、無念は拝察するにあまりある」とも語った。

***********

早く都知事やめてください。

拍手[0回]

| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
プロフィール
磯崎早苗 ファゴット
埼玉県出身。13歳よりファゴットを始める。 東京芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。 桐朋オーケストラ•アカデミー修了。
2007年日本ヴィラ=ロボス協会主催ヴィラ=ロボス生誕120周年記念コンサートにソリストとして出演。2008年オーケストラアンサンブル湘南とモーツァルトの協奏交響曲を共演。2009年桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。 2015年日暮里サニーホールにおいてソロ・リサイタルを開催。
これまでに、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団に客演。
これまでにファゴットを塚原里江、岡崎耕治、水谷上総の各氏に師事。桐朋オーケストラ・アカデミーにて岡本正之、河村幹子、井上俊次の各氏に師事。室内楽を山岸博、三界秀実、佐久間由美子、水谷上総、渡邊健二の各氏に師事。
現在、フリーランスのファゴット奏者としてオーケストラ、室内楽、吹奏楽指導など多岐に渡り活動中。洗足ニューフィルハーモニック管弦楽団団員。洗足学園大学演奏補助要員。Ensemble Joyeuxメンバー。
Concert Information
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
最新コメント
[11/01 sanafg]
[11/01 masato kusumi]
[12/08 老哲]
[12/07 さな]
[12/07 老哲]
最新トラックバック
カウンター
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny